ご注文は
お電話・ファックスでお気軽に!
8時〜17時(土日祝日除く)
電話(0898)23-1462
FAX (0898)22-5166
HOME |  燧灘ニュース |  燧灘(ひうちなだ)について |  ちょっとひといきコーナー |  E-MAIL
(株)河野鮮魚
バックナンバー

更新は不定期ですが、瀬戸内の美味しい魚介類の「オイシイ頂き方」を一人でも多くの方に知ってもらいたいので、時間のある限りどんどん掲載していきます!
どうぞお楽しみに!

夏の味覚 燧灘の芝エビ(生)
「エビで鯛を釣る」と言う言葉がありますが、鯛が多く獲れる燧灘では天然のエビが沢山とれます!
詳しくは、こちらをご覧下さい。

お問合せはお気軽に!
掲載している商品以外でも、随時、ご相談を承ります。

また、お客様のご予算やご希望に応じて、商品の組み合わせ・分量など対応させていただきます。
お気軽にお申し付け下さい。

商品の発送に際して
商品はお申し込み後1週間程度でお届けします。但し、天候等により商品発送が遅れる場合もございますので、ご了承ください。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

天然干しえび料理
干しエビのそうめんつゆ
「めんつゆ」の多くは鰹節や昆布、椎茸のダシが使われますが、干しエビのダシを使った「めんつゆ」は、しっかりとした旨みとほのかな甘みが特徴です。是非お試し下さい。
  >>>>レシピはこちら

干しエビのそうめんチャンプル
「ダシ」として使用した干しエビ、身には風味が残っています。身は餃子や炒飯など様々な料理に使えますが、今回は干しエビのそうめんチャンプルをご紹介します。
  >>>  レシピはこちら

干しエビのおつまみ
タウリンやカルシウム、亜鉛を多く含む干しエビ。大人のおつまみやお子様のおやつに最適です。干しエビをしっかり噛みながら食べることで顎も強くなります!
  >>>殻を取るときは・・・

干しえびのそうめんつゆ
(1)干しエビをさっと洗い、殻まま6時間ほど水に浸しダシを取ります。

(2)干しエビを取り出し、ダシを鍋に入れ強火にかけます。アクを取り、さらにペーパーなどでこします。

(3)(2)のダシに濃口醤油を入れ、みりん、砂糖で味を整え、ひと煮立ちさせたら、そうめんつゆの出来上がりです。

(4)そうめんを茹でます。
冷やした干しエビのそうめんつゆに、お好みの薬味などを添えてお召し上がりください。



そうめんつゆ
(材料4人分)
干しエビ:30グラム
水:1.2リットル
濃口醤油:100cc
砂糖:適量
みりん:適量
干しエビのそうめんチャンプル
(1)ダシを取った後、干しエビの殻をむき、身の水気を切ります。

(2)ツナ缶は油を切り、キャベツはざく切り、ネギは小口切りにします。

(3)半分に折ったそうめんを堅めに茹でます。40秒くらいです。1分以上茹でないでください。

(4)茹でたそうめんは冷水でしっかり洗い、ヌメリを取り、水気を切ります。

(5)フライパンに油をひき、干しエビ、キャベツを塩こしょうで炒め、シーチキンを入れます。

(6)(5)の具にそうめんを加え、ごま油を適量絡めます。ネギを加え軽く炒めながら、塩こしょうで味を調えたら出来上がりです。

ちゃんぷる
(材料4人分)
干しエビ:30グラム
そうめん:4束〜5束
ツナ缶:2缶
小ネギ:1/3束
塩:適量
ごま油:適量
コショウ:適量
おつまみ
※そのままお召し上がりになる場合、エビの殻が指などに刺さることがあります。殻を取る際は気をつけてください。
頭、足、背中の順に殻をとってみてください。殻取りも慣れると簡単ですよ。



おつまみ



| HOME  | 瀬戸内の特産品  | 瀬戸内の鮮魚  | 河野鮮魚について  | 簡単クッキング  | 燧灘(ひうちなだ)について  | ご注文からお届けまで E-mail 
Copyright(C) 2005 (株)河野鮮魚 All rights reserved. / This site is written in Japanese. / Powered by MJC