ご注文は
お電話・ファックスでお気軽に!
8時〜17時(土日祝日除く)
電話(0898)23-1462
FAX (0898)22-5166
HOME |  燧灘ニュース |  燧灘(ひうちなだ)について |  ちょっとひといきコーナー |  E-MAIL
(株)河野鮮魚
材料(2人分)
河野鮮魚の美味しいメバル (画像をクリックすると大きく表示)

ホゴ(笠子) 2匹
メバル 2匹
イカ 1杯
アサリ 400g
玉ねぎ 1個
ニンニク 3カケ
ホールトマト 1缶(400g程度)
サフラン ひとつまみ

調味料
オリーブオイル40cc
白ワイン100cc
塩・コショウ 少々

バックナンバー

更新は不定期ですが、瀬戸内の美味しい魚介類の「オイシイ頂き方」を一人でも多くの方に知ってもらいたいので、時間のある限りどんどん掲載していきます!
どうぞお楽しみに!

お問合せはお気軽に!
掲載している商品以外でも、随時、ご相談を承ります。

また、お客様のご予算やご希望に応じて、商品の組み合わせ・分量など対応させていただきます。
お気軽にお申し付け下さい。

商品の発送に際して
商品はお申し込み後1週間程度でお届けします。但し、天候等により商品発送が遅れる場合もございますので、ご了承ください。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

メバルとタケノコの煮つけ 今回は燧灘の鮮魚をふんだんに使ったブイヤベースをご紹介します。我が家のブイヤベースの具材はとてもシンプル。
エビやムール貝、カニなどは入っていませんが、淡泊なホゴや黒メバルから出る、ダシが決め手。
当店自慢のボリューム満点 簡単ブイヤベース。是非お試し下さい。


  • 下準備

  • アサリを水にさらし、材料の魚のウロコを取り、エラとワタを抜きます。このとき、腹の中を丁寧に水で洗い流します。

    ホゴは味が染み込むように、腹に飾り包丁を入れておくのがコツです。

    メバルは頭を落とし、ぶつ切りに。背びれや小骨などをとっておくと、食べやすくなります。

    イカは甲羅をぬき、ワタ・墨袋を取り除いた後、皮をむきます。食べやすい大きさに切っておきましょう。

    ニンニク、玉ねぎはみじん切りにし、ホールトマトはぶつ切りにします。

    サフランひとつまみを400ccのぬるま湯につけておきます。


  • さて、下準備を終えたら・・・
    底が深いフライパン等に、オリーブオイルを温め、みじん切りにしたニンニクを入れて炒めます。ニンニクの香りが立ってきたところで、焦がさないように玉ねぎを入れて炒めます。

  • 玉ねぎに火が通ってきたところで、ホゴとメバルを入れ、中火にします。
    魚からジュージューと音がしてきたら、イカとアサリを加え、
    白ワインを100cc入れます。
    (魚は最後までひっくり返しません。)

  • 少し煮立ってきたところで、サフランで香り付けした水をいれましょう。つづけて「ぶつ切りのトマト」を加えたら、蓋をします。弱火で20分程煮込みましょう。
    煮込んでいる間、時々、鍋をゆすってあげると、全体に味と香りが広がります。(ここが重要!)

  • 最後に、塩コショウで味を整えたら出来上がりです!
    ※魚介類から旨みが出るので固形スープは入れないほうが良いでしょう。
    | HOME  | 瀬戸内の特産品  | 瀬戸内の鮮魚  | 河野鮮魚について  | 簡単クッキング  | 燧灘(ひうちなだ)について  | ご注文からお届けまで E-mail 
    Copyright(C) 2005 (株)河野鮮魚 All rights reserved. / This site is written in Japanese. / Powered by MJC